【異性が答える】生活に密着した質問・雑談 103

1 :◆l2.NWrKO3. @\(^o^)/:2017/07/02(日) 15:02:22.79 ID:m060otcU.net
質問者の方へ
・自身の性別を明記してください。
・簡潔に分かりやすく、でも後出ししないで済むように。
・同じ質問を繰り返さないように。
・自分の中で答えの決まっている質問は嫌われます。よく考えてから。
・質問するふりをして自説を開陳するとか、延々と議論しようってのは遠慮願います。
・過度に性的な質問や雑談等はお控えください。

回答者の方へ
・質問を装った異性叩き・生理厨・おりもの厨は華麗にスルーしましょう。
・質問の内容や動機、意図は様々です。
どの質問に答えるか、答えないかは回答者の自由ですが、上記のNG質問に抵触しない限りは、ここで質問すること自体を否定するようなことはやめましょう

次スレは>>980あたりで立ててください。次スレ立ってない場合は雑談・質問控えること。

※前スレ
【異性が答える】生活に密着した質問・雑談 102
http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1493298621/

174 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:49:14.89 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

203 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:56:44.26 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

204 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:57:10.09 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

94 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:13:40.32 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

61 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:05:18.45 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

101 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:15:18.35 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

339 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:32:39.90 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

93 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:13:06.94 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

26 :23@\(^o^)/:2017/07/06(木) 21:47:57.15 ID:BQtMy3/t.net

なるほど!了解しました。
ところでそういった真っ黒のキーボードを
パソコン業務の引き継ぎで触らないといけない場合に
勝手にOAクリーナーで綺麗にしてしまっても
良いでしょうか?

258 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:13:12.98 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

220 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:02:31.12 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

96 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:14:07.94 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

313 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:26:07.42 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

181 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:50:40.78 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

197 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:55:11.45 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

325 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:29:41.99 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

222 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:03:13.81 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

12 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2017/07/04(火) 05:27:48.18 ID:7N2u0Pu9.net

で?

168 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:47:32.03 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

257 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:12:56.81 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

256 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:12:52.96 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

202 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:56:40.18 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

227 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:04:49.97 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

18 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2017/07/05(水) 12:30:33.91 ID:fw6hvPOs.net

急な出費などで、今月の生活費?家賃、携帯代が足りなくてお困りの方。

ヤミ金でお困りの方。

保証人、担保不要です。

是非ご相談下さい、詳しくはHPをご覧下さい。

会社にお勤めの方、自営業、フリーター、風俗・水商売など業種にかかわらずお気軽にご相談ください。

エヌ ピー オー 法人 エス ティー エー

144 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:27:25.85 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

136 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:24:32.66 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

216 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:00:48.73 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

152 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:29:57.87 ID:M43SUJxl.net

()

89 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:12:08.44 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

83 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:10:49.94 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

104 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:16:01.60 ID:M43SUJxl.net

()

275 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:17:03.95 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

304 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:24:15.13 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

183 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:51:09.94 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

268 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:15:21.92 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

169 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:47:35.67 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

56 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2017/07/10(月) 12:09:15.29 ID:XVDbdvjc.net

かわいすぎる中国人

こんなにかわいいのにめちゃくちゃいい子なんだぜ

310 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:25:35.96 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

157 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:30:51.83 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

338 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:32:36.07 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

119 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:20:09.97 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

234 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:06:45.97 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

107 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:16:49.32 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

100 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:15:12.92 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

277 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:17:34.74 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

171 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:48:13.70 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

139 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:25:12.67 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

218 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 19:01:50.82 ID:M43SUJxl.net

()

180 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:50:37.04 ID:M43SUJxl.net

ある日の夏である。いつものように馴れ合い厨を駆除していた日である。馴れ合い厨は老若男女見境なく食糧にする凶暴かつ卑劣な生物である。
また洗脳されてしまうと馴れ合い厨と同じ末路を辿ることになる。
その時耳を劈くような悲鳴が聞こえた。私は急いで声の方向に駆け付けた。
何とスレッドの海で必死にもがき続けた幼い子供がいた。何故彼は苦しんでいるのだろうか?
私が注意深く見てみたところ彼は馴れ合い厨に引きずり込まれそうになっていたのだ。急いで私は子供を助けるため海へ向かった。
私はスレッドの海を渡り子供に近づいた。馴れ合い厨は私の存在に気付いたのだろうか、煽りレスで攻撃をしてきた。
それを華麗に回避し馴れ合い厨に正論を言い放ち論破した。馴れ合い厨の急所を正論が貫いたのだろう。グッタリとし動かなくなった・・・。
私は急いで子供の様子を見た。だが子供は息をしていない・・・。時既に遅し・・・もう少し早く助けてあげれれば・・・そう私は思った。
同時に幼い子供の命を平気で奪っている馴れ合い厨に対する深い憎悪と怒りが沸々と湧き上がってくるのが感じられた。
この時私は二度とこの子供の様な犠牲者を絶対に出さない、そう誓った。
その後の私は毎日が多忙だ。馴れ合い厨の住処のスレをコピペで破壊し、被害を食い止めた。大変だったが被害者が減るのなら私がいくら苦労しろうと本望だ。
数年後、その子供の親から手紙と大量のPCとスマホが送られてきた。その手紙には「これを使って息子の命を奪った馴れ合い厨を絶滅させてください」
そう書いてあったのである。私はその場で涙を流し膝から崩れ落ちた・・・。昔の不甲斐なさを思い出したからである。
同時にこれを使って馴れ合い厨から老若男女関係なく全員を馴れ合い厨から助けよう、馴れ合いスレに食べられる被害者を減らそう。
再度そう誓ったのである・・・。>>999 >>999 >>999 >>999

158 :F9 ◆/ef872yRGc @\(^o^)/:2017/07/10(月) 18:31:18.96 ID:M43SUJxl.net

()

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

匿名 : 吐き気がするほど嫌いなサークル3
 ちんずりーな、きもちわるいグロきも腐豚のうえに、 まずな目... (6/15)
匿名 : 東北人はなぜクズばかりなのか? 3
 東北も日本、その言葉は解りますが、自分には合いませんでしたね... (6/13)
匿名 : トンキン嫌いなんだけど質問ある?
 >>43 まぁ東夷だからしゃーないわな 東夷... (6/09)
ページTOPへ↑